本気の悩みには本気の治療が必要です本気の悩みには本気の治療が必要です

2014.07.18更新

《腕の激痛》

症例 : 70歳代 男性 

うで

 半年前、金づちを使用中『右腕の力こぶし』に
 
 痛み感じた。病院で鎮痛剤の処方を受けているが
 
 痛めた当初からある、右腕で物を持つことが出来
 
 ない。夜、痛みで4~5回目が覚める。
 
 趣味の釣りで竿(サオ)を操れないなどの症状の
 
 ため来院された。
 
 原因 : 頚部の筋肉の過度の緊張

 治療 : 頚部への電気鍼を10回したところ
       症状が消失しました。

投稿者: 築地はり灸接骨院

2014.07.18更新

《”劇的”に改善した左五十肩》

症例 
  50歳代 女性 

肩

  2日前に左肩が何となく痛くなった。

  その後、徐々に痛みが強くなり左肩関節の

  動きが悪くなり来院されました。

  主な症状として

  (1)電話の受話器を耳元までも持ってこれない。

  (2)シャンプーの時、左手が後頭部にいかな。

  (3)エプロンのヒモが腰で結べない。

 

東洋医学的所見

  (1)左肩が痛くなる前に、トイレからなかなか

     出てこれないほどの腹痛となる。

  (2)ぜつ(舌)にややジメジメした『黄色』のコケ

     が見られる。

治療

  (1)胃腸の機能が低下していることが

     五十肩の原因と思われたので右足に

     3本 ハリ治療を2回したところ 症状の

     ほとんだが消失しました。

患者さんの感想

  どうして胃腸と肩の痛みが関係するのか
  
  不思議です。  

院長コメント
 
  東洋医学では、体の全体を診ながら治療

  します。この方の場合、『黄色コケ』が治療の

  ヒントになりました。

  稀ですがこのような効果もあります。
      

投稿者: 築地はり灸接骨院

2014.06.27更新

鍼灸治療の症例を紹介していきます。

よろしくお願いします。

投稿者: 築地はり灸接骨院

前へ
PageTop